MENU

【沖縄旅行】小学生と一緒に楽しんだ3泊4日のプラン体験談!現地でかかった費用も公開

2019 9/04
【沖縄旅行】小学生と一緒に楽しんだ3泊4日のプラン体験談!現地でかかった費用も公開
まゆてぃ まゆてぃ

夏休みに小学生の息子を連れて沖縄旅行を楽しんできたまゆてぃです!

わたしは沖縄が大好きで、今まで10回ほど沖縄旅行に行っています。

まゆてぃ まゆてぃ

結婚式も沖縄で挙げたくらい大好きなんです♡

息子が小学生になり、久しぶりに沖縄旅行に行ってきました!

沖縄旅行を計画している親御さんたち!

ガイドブックはたくさんあるものの、小学生がいる家族連れでも楽しめるプランはどんなものか気になりますよね?

この記事では、実際に小学生の子供がいる我が家が楽しんできた沖縄旅行3泊4日のプランを詳しく紹介します!

まゆてぃ まゆてぃ

沖縄旅行リピーターのわたしがおすすめする場所ばかりなので、失敗なしの旅行計画を立てられますよ♡

夏の来訪プランですが、沖縄は年中温暖なのでオフシーズンでも浜遊びは出来ます!

どの季節の沖縄旅行でも、ぜひ参考にしてもらいたいです!

また沖縄旅行中、現地でいくらくらいの費用がかかるのか、予算はいくらくらい必要なのか気になりますよね?

この記事では小学生と一緒に楽しんだ沖縄旅行のプランとともに、沖縄旅行中に現地でかかった費用も公開しています!

まゆてぃ まゆてぃ

沖縄旅行に行く前、旅行中の予算を立てるときに役立つはずです♡

パッケージツアーが断然おトク♡/

目次

【沖縄旅行】小学生と楽しむプラン:宿泊ホテル

小学生と楽しむ沖縄旅行プラン

小学生の息子と一緒の夏休み沖縄旅行。

3泊4日の日程で、3泊とも同じ場所に宿泊しました。

宿泊したホテルを紹介します。

ホテルサンセットヒル

ホテルサンセットヒルは、沖縄本島中部の恩納村にある全室フルリノベーションして2018年にリニューアルオープンしたばかりのホテルです。

このホテルを選んだ理由

  • 全室ミニキッチン付きのコンドミニアムタイプのお部屋
まゆてぃ まゆてぃ

テイクアウトで食事をしたり、沖縄にしかない食材を使って簡単な調理もしてみたかったんです

  • バス・トイレ別で部屋が広い
まゆてぃ まゆてぃ

旅行中は1日中出歩いて疲れるので、狭い部屋で過ごすと疲れが抜けないんです…

  • 全室高台から見下ろすオーシャンビュー
まゆてぃ まゆてぃ

やっぱり沖縄に来たからには海を身近に感じたい♡
オーシャンビューは毎回譲れないポイントです!

我が家は素泊まりプランを選びましたが、朝食付きプランもあります。
また素泊まりプランの場合でも朝食の割引券がもらえたので、滞在中1回ホテルの朝食をいただきました。

朝食

小学生と楽しむ沖縄旅行プラン
ホテルサンセットヒルの朝食 選べるメインとサラダや焼きたてパンのビュッフェ
  • 選べるメイン
  • サラダなど副菜や焼き立てパンなどのビュッフェ

大人:2,160円(税込み) 小学生:1,080円(税込み)

まゆてぃ まゆてぃ

選べるメイン、わたしはオムレツを選びました!
ふわとろオムレツと厚切りベーコンがおいしかった♡

沖縄県恩納村 ホテルサンセットヒ...
沖縄県恩納村 ホテルサンセットヒル
沖縄県恩納村 ホテルサンセットヒル沖縄リゾートホテル

【沖縄旅行】小学生と楽しむプラン:1日目

小学生と楽しむ沖縄旅行プラン

【空港食堂】着いてすぐ食べられる絶品沖縄そば

那覇空港のレストランフロアではなく1階到着ロビーにある空港食堂は、空港職員さんも利用する社食的な役割もある食堂です。

到着ロビーの端に位置しているので、旅行者で知ってる人は意外と少ないかも…

まゆてぃ まゆてぃ

夏休み時期のランチタイムでも待たずに入れました!

社食をあなどるなかれ…本格的でおいしい沖縄ごはんが食べられるんですよ!

お店に入ってすぐのところにある券売機で食券を買って利用します。

まゆてぃ まゆてぃ

大きな荷物があっても預かってくれるので大丈夫!

わたしがいつも頼むのはソーキそば(650円)。

スープはカツオだしがきいていて、ソーキは柔らかくいい味で煮込んであります。

他にも○○ちゃんぷるーなど沖縄ならではの定食メニューも充実してます。

しかも安い!

沖縄に着いてすぐ、沖縄感満載のグルメを味わうのにおすすめのお店です!

小学生と楽しむ沖縄旅行プラン
空港食堂のポーク玉子定食
まゆてぃ まゆてぃ

我が家は帰る日の最後のごはんもここで食べました!
最後に食べたのはポーク玉子定食

【残波ビーチ】サンセットを見ながら浜遊び

沖縄に行ったらぜひ見たいのがサンセット

天気がいい日は美しく青い海の先にある水平線に沈む太陽が見られます。

沖縄中部の読谷村にある残波ビーチでそんなサンセットを見ながら浜遊びを楽しみました。

沖縄のビーチには貝殻の他にサンゴがたくさん流れ着いています。
きれいなものをたくさん拾って、夏休みの図工の課題に使うのもおすすめです!

夕日が沈んでも暗くなりかけても海水浴場で遊んでいる人がちらほら…
監視員さんなどビーチスタッフの人もきちんと居るので安心して遊べます。

サンセット海水浴が楽しめるのも沖縄ならでは!

【キングタコス】テイクアウトのタコライスで夕食

沖縄グルメとして有名なタコライス

沖縄でタコライスを食べるなら、発祥店と言われているキングタコスがおすすめ!

キングタコスでタコライスをオーダーするときの注意!

  1. 『タコライス』ではなく『タコライス野菜チーズ』を頼む
    『タコライス』は、ごはん+タコミートだけの商品なんです。
  2. 量がめちゃくちゃ多い
    1人前で1合以上のごはんが入ってます!
    我が家は2人前を家族3人でシェア。

キングタコスのタコライスは、そんなに辛くないので小学生でも食べられます!

キングタコスは沖縄本島に数店舗を構えるチェーン店です。

ランチタイムなど食事の時間帯は店内が満席になる上に駐車場が少ない店舗が多いですが、テイクアウトなら比較的スムーズに買えますよ!

まゆてぃ まゆてぃ

我が家はキングタコスのタコライスをテイクアウトしてホテルの部屋で夕食としていただきました♡

【1日目】かかった費用

食事
(昼・夕・おやつ・飲み物等)
5,600
レンタカー保険料2,600
その他(コインランドリー)200
1日目かかった費用合計8,400

【沖縄旅行】小学生と楽しむプラン:2日目

小学生と楽しむ沖縄旅行プラン

【美ら海水族館】メリットいっぱいの午前中がおすすめ!

沖縄で有名な観光スポットといえば美ら海水族館

沖縄に訪れる人がこぞって行くためか、とっても混雑しています。

美ら海水族館に行くなら午前中がおすすめです!

午前中に行くといいこと

比較的空いている

美ら海水族館の混雑ピーク時間帯は午後です。

午前中ならどの水槽でも目の前でゆっくり見られるくらいの余裕があります。

水槽の上のエリアにのぼって見学できる

美ら海水族館の主役、ジンベエザメがいる巨大な水槽『黒潮の海』を水面の上から見学できる『黒潮探検』というプログラムがあります。

黒潮探検ができるのは開館~11:00までと17:30~閉館までの時間帯で、混雑ピーク時間帯の午後は観覧できないんです!

美ら海水族館の目玉である巨大水槽やジンベエザメを水面上から見られる貴重な体験は、午前中に訪れることで叶いますよ♡

沖縄美ら海水族館
黒潮探検(水上観覧コース)
黒潮探検(水上観覧コース)大水槽を真上から見学!「黒潮の海」大水槽を水面上から自由に観覧できる人気プログラム「黒潮探検」です。黒潮探検では、スタッフによる解説も行われております。黒潮探検...

【 海洋文化館プラネタリウムホール 】疲れを癒やす穴場スポット

美ら海水族館のある海洋博公園には、他にも様々な施設があります。

その中の1つである海洋文化館プラネタリウムが楽しめます。

上映プログラムは時間により異なりますが、わたし達が見た『沖縄ぬちゅら星』は、沖縄の星空を楽しめるプログラムでした。

まゆてぃ まゆてぃ

沖縄の音楽にのせて楽しむプラネタリウムは、歩き疲れた体を癒やす良い時間でした。

海洋博公園 Official Site
プラネタリウムホール
プラネタリウムホール最大恒星数1億4千万個に及ぶ美しい星空をドームスクリーンいっぱいに表現します。ゆったりとしたリクライニングシートにもたれかかりながら、「世界最高の星空」をご堪能く...

【古宇利ビーチ】車で行けるキレイな離島で海水浴

沖縄北部に位置する古宇利島は島間に渡された橋を通って車で行ける離島です。

まゆてぃ まゆてぃ

沖縄の海はどこもきれいだけど、古宇利島の海はまた一段ときれい♡

古宇利島の観光スポットである古宇利大橋のたもとにある古宇利ビーチは、無料駐車場もありシャワー(有料)やトイレ・更衣室もある利用しやすいビーチです。

パラソルや浮き輪などのレンタルが充実しているので、手ぶらでビーチに行く旅行者でも安心!

遠浅で危険生物防護ネットも張ってあり、遊泳可能エリアは大人はほぼ足がつく深さです。

まゆてぃ まゆてぃ

ビーチスタッフも多く安全性が高いので、小学生をはじめ子連れの家族で遊ぶのにおすすめのビーチですよ!

【ファミリー居酒屋ゆきの】沖縄感満載の居酒屋でコスパ高い夕食

沖縄北部の名護市にあるファミリー居酒屋ゆきのは、地元の人もたくさん訪れるお店です。

まゆてぃ まゆてぃ

メニュー数が豊富でお味もとってもおいしい♡

おすすめなのはなんといっても定食メニューです!
メインの他に小鉢がたくさんついてきて、お得すぎる価格設定!

ワッピー ワッピー

お食事目的で行くなら、1品ずつ頼むよりも定食を頼む方が良コスパ!

とっても人気のお店なのでピーク時間帯は満席になることが多いです。
時間をずらして訪れるか、予約可能か問い合わせてから来店するのがおすすめですよ。

【2日目】かかった費用

食事
(朝・昼・夕・おやつ・飲み物等)
9,000
美ら海水族館・海洋文化館4,300
古宇利ビーチ
(レンタル利用・シャワー等)
3,000
その他(コインランドリー等)600
2日目かかった費用合計16,900

【沖縄旅行】小学生と楽しむプラン:3日目

小学生と楽しむ沖縄旅行プラン

【A&W】沖縄限定ハンバーガーチェーンでモーニング

日本では沖縄にしかないハンバーガーチェーン店A&W

早朝から営業している店舗ではモーニングメニューがあります。

まゆてぃ まゆてぃ

モーニングの時間帯でも通常メニューが注文できるのが地味にうれしいお店!

A&Wでおすすめのメニューは、サイドメニューのカーリーフライです。

しっかり味で止まらぬおいしさです♡

【浜比嘉島の塩工房】塩づくり体験で学びを!

沖縄中部東海岸にある海中道路を渡って車で行ける島、浜比嘉島にある浜比嘉島の塩工房では、塩づくりを体験することができるんです。

実際に商品として販売している塩の製造工程を見学したり、実際に自分の手で塩を作る体験ができます。

出来上がった塩は塩壺に入れ、かわいい沖縄風のラッピングをして持ち帰ることができるんです。

まゆてぃ まゆてぃ

息子はとっても興味を持ちながら楽しんで塩作りをしていました!

塩づくり体験、夏休みの自由研究にピッタリですよ!

塩作り体験には前日までに電話予約が必要です。
また臨時休業や雨の日は休業となるので公式サイトや電話で確認してくださいね。

あわせて読みたい
No Image
浜比嘉島の塩工房 | 浜比嘉塩 高江洲製塩所

【古民家食堂てぃーらぶい】古民家で頂く沖縄伝統料理ランチ

浜比嘉島にある古民家食堂てぃーらぶいは、沖縄古民家風のお店で沖縄伝統料理をいただけます。

子供向けのメニューとしてそうめんなどもあるので、子連れでも安心です。

てぃーらぶいは観光客に人気のお店です。
昼のみの営業で予約は不可、売り切れ次第終了なので、スムーズにお食事するには開店直後がおすすめです!

店舗や駐車場付近は昔ながらの住宅街でとっても道が狭いです!
細心の注意で走行してください!

【お土産ショッピング】おすすめスポット

沖縄旅行のおみやげはたくさんの商品がありすぎて迷ってしまいます。

おみやげショッピングには、しっかり時間を取りましょう!

我が家は帰る前日の午後をショッピングタイムにしています。

沖縄旅行リピーターのわたしがおすすめする、お土産ショッピングスポットを紹介します。

スーパーマーケット

沖縄の地元の人が利用するスーパーにも、おみやげがちゃんと売っています!

特にお菓子など食品が充実しています。

かしこまった先にお渡しする箱入り菓子など以外は、スーパーで買うほうが断然コスパも良くておすすめですよ!

イオンモール沖縄ライカム

イオンモール沖縄ライカム公式ホー...
イオンモール沖縄ライカム
イオンモール沖縄ライカムイオンモール沖縄ライカム 2015年4月25日グランドオープン

沖縄中部にあるイオンモール沖縄ライカムは、リゾートモールというコンセプトで南国ムード満点の巨大ショッピングモールです。

観光スポットにもなっており、巨大なだけに何でもそろう!

モール内には、沖縄おみやげ専門店もあります。

【ブルーシール】沖縄発祥アイスクリームショップのタピオカ

沖縄発祥のアイスクリーム店ブルーシールアイス

沖縄ならではのフレーバーも充実しているので、沖縄に行ったら必ずアイスを食べたくなるお店です。

そんなブルーシールに、流行のタピオカが誕生していました!

まゆてぃ まゆてぃ

ドリンクと上にのせるアイスやソフトクリームが選べるタピオカドリンクはとってもインスタ映え♡

【3日目】かかった費用

食事
(朝・昼・夕・おやつ・飲み物等)
15,000
塩作り体験(大人1・子供1)2,800
おみやげ10,000
その他(コインランドリー等)200
3日目かかった費用合計28,000

【沖縄旅行】小学生と楽しむプラン:4日目

小学生と楽しむ沖縄旅行プラン

【瀬長島】飛行機を見ながら出発まで浜遊び

那覇空港の南に位置する瀬長島は、那覇空港に離発着する飛行機を眺められるスポットとして有名です。

まゆてぃ まゆてぃ

真近で頻繁に離発着する飛行機に子供は大興奮!

ワッピー ワッピー

飛行機を見ながら浜遊びも出来るので子連れにとってもおすすめの場所だよ!

【那覇空港】国際線連結ターミナル施設開業でショップエリアも増加

あわせて読みたい
際内連結ターミナル施設がOPEN!|那覇空港旅客ターミナルビル
際内連結ターミナル施設がOPEN!|那覇空港旅客ターミナルビル

那覇空港では2019年3月に国際線ビルへの連結ターミナル施設が開業しました。

新施設には36の新店舗がオープンしたので、帰りの飛行機が出発するまでの間に空港内でお買い物やグルメを更に楽しめるようになりました!

食事
(朝・昼・おやつ・飲み物等)
6,900
おみやげ・免税品12,000
その他(高速道路料金)700
4日目かかった費用合計22,400

小学生も楽しめるプランで思い出に残る沖縄旅行にしよう!

小学生と楽しむ沖縄旅行プラン

小学生の子を持つ我が家が楽しんだ沖縄旅行プランを紹介しました。

旅行中にかかった費用合計

1日目8,400
2日目16,900
3日目28,000
4日目22,400
旅行中にかかった費用合計75,700

沖縄は何度行っても魅力がいっぱいの場所です。

我が家もまた遠くないうちに息子に楽しんでもらえる沖縄旅行に行きたいと考えています。

アクティブな遊びも学びも体験してほしい小学生くらいの年代におすすめのプランを、沖縄旅行を計画している親御さんたちにぜひ参考にしていただきたいと思います。

またこの記事で紹介した小学生が楽しめる沖縄旅行プランを過ごし、かかった費用も紹介しました。

沖縄旅行に行くとき現地でいくら必要なのか、予算を立てるのに参考にしていただきたいと思います!

パッケージツアーが断然おトク♡/

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

この記事を書いた人

好きなバンドに
15年で1000万円積んだ1児(9)のママ。
浪費を反省し家計改善のため
お金の知識が欲しくて独学でFP2級取得。
バンドの追っかけしながら
年間100万円の貯蓄に成功!
やりくりの工夫やお金のあれこれを発信中。

コメント

コメントする

目次